★2018年オススメ鎌倉ランチまとめ★
SPG&Marriott

【ホテル滞在記】ザ・プリンス さくらタワー東京 ① 和モダンなお部屋と日本庭園の紹介

20181006_sakuratower-exterior-2

こんにちは、ちぃパパです。
本日は品川にある、プリンスグループでもありマリオットグループでもある高級ホテル、ザ・プリンスさくらタワー東京 オートグラフコレクション(以降、さくらタワー東京)に滞在した様子をお届けします。

さくらタワー東京は、西部グループが展開するホテルグループ「プリンスホテル」のフラッグシップであるザ・プリンスの名を冠すると同時に、マリオットグループを示すオートグラフコレクションの名を冠しています。

さくらタワー東京は2013年にリニューアルオープンしており、その際にオートグラフコレクションに加盟したようです。プリンスホテルのインバウンド戦略とマリオットの日本市場を開拓する思惑とが一致したのでしょうね。
このあたりの詳しい経緯はこちらのリニューアルオープンのプレスリリースをご参照ください。
http://m.princehotels.co.jp/chain/files/top_release_130911_01.pdf

ホテルの立地と雰囲気~駅近でありながらも自然を感じる

さくらタワー東京は品川駅から徒歩3分の距離にあります。多少坂を上る必要はあるのですが、アクセスは非常に良い場所にあります。

品川駅を港南口に出て右に歩いていくと見えるセブンイレブンがある信号から坂を上がります。坂沿いには自然が多くみられており、都心に近いながらも非常に自然に恵まれた立地であることが分かります。

ロビーも非常にお洒落。チェックインの際には良い香りがする冷たいおしぼりを頂けました。この日は季節外れの暑さだったので、凄く嬉しかったです(^^)

プラチナ/プラチナプレミア特典

ちぃパパはマリオットプラチナチャレンジに成功しているため、プラチナプレミア会員!

プラチナプレミア会員は、エグゼクティブラウンジへのアクセス権、お部屋のアップグレード(空室状況による)、アーリーチェックイン、レイトチェックアウト等、様々な特典が享受できます。

残念ながらこの日はお部屋のアップグレードはありませんでしたが、レイトチェックアウトは16時までOK。エグゼクティブラウンジは以下の案内を頂けました。

20181006_sakuratowerエグゼクティブラウンジは別記事で詳細にご紹介しますね。

お部屋とアメニティ類のご紹介~和モダンな装い

と、言うわけで今回はデラックスキングの部屋にアサイン。

オートグラフコレクションのコンセプトは以下のとおりで、さくらタワーも和モダンをテーマにした独自性の高い装いでしたよ。

オートグラフコレクションは、マリオット社によるクオリティ、独自性、個性を基準に厳選された高級ホテルのコレクションで、他のマリオット社のブランドとは異なり、ゲストに特別でユニークな空間とサービスを提供するホテルが加盟しています。

http://m.princehotels.co.jp/chain/files/top_release_130911_01.pdf

お部屋に入って正面から、ベッド、デスクの様子です。

和モダンがテーマにされているとの通り、カーペットには桜の模様が。テーブルには綺麗な花が飾られていましたよ。

ウェットエリアです。当然のようにバスタブとシャワーは独立。アメニティはさくらタワー東京のオリジナル!!ウッディな香りが素晴らしい(^^)

その他、ミニバー、クローゼット、等々です。

部屋でゆっくり休んでいると、なんとウエルカムフルーツが!こちらはルームサービスとして無料でカットして頂けます。どのフルーツもとても上質で美味しかったです♪

尚、さくらタワーの寝間着は通常はワンピースタイプですが、フロントでお願いすることで上下別のパジャマタイプも貸し出していただけます。下半身がよくはだけてしまうちぃパパとしては嬉しいサービス♪

また、夕方にはターンダウンサービスもあり、小さいですが美味しいお菓子も頂けるのもGood!

さくらタワーのサービスで特に感銘を受けたのがサウナ&フロアバス!フロアバスがある地下1Fまで直通のエレベーターが各階に備え付けられており、そのエレベーターを使えば部屋とフロアバス間の移動が浴衣で可能なのです!

フロアバスも非常に気持ちの良いものでおススメです。ぜひ宿泊の際はご利用ください♪

素晴らしい日本庭園

さくらタワーは自然豊かな日本庭園を備えています。

四季折々で様々なお花が見られるようです。

お子さん連れにもおすすめできる見どころはやはり大きな池ですね。娘もたくさんの鯉に興奮していました(^^)

灯篭なども整備されており、特に外国人観光客は喜ぶんでしょうね。

余談ですが、たまたまかもしれませんが、さくらタワーで見かけた宿泊客の半分以上が外国人でした。プリンスホテルのインバウンド戦略は成功しているようですね。

 

本日は、さくらタワーのデラックスツインのお部屋と日本庭園をご紹介しました。

次回はさくらタワーのエグゼクティブラウンジの様子をお届けします。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
にほんブログ村


マイレージランキング